下着を着るだけで心拍数、脈拍、体温を測れるようになるかも

最近、ウェアラブル端末の話題が多いですが、皆さんはなにか使っていますか?私はまだウェアラブル端末を使ったことはないのですが、スマートフォンのアプリでウォーキングやサイクリングの記録を取っていたりします。自分がたどった道を記録したり、平均時速も出たりするので結構面白いんですよね。

ウェアラブル端末の中には腕時計のような形で脈拍も取れるものもあるみたいですが、どうしても何か「着けている」感と言うのはするものです。しかし、仮に下着を着ているだけで脈拍が取れるようになったらどうでしょうか。

速報:東レとNTT、着るだけで生体信号が取れる繊維 hitoe 開発。ドコモが年内にスマホ連携開始

開発した繊維素材は、東レのナノファイバー生地に高伝導製樹脂をコーティングしたもので、ナノファイバーの繊維の中に導電性の樹脂が織り込まれています。身体に3か所、名刺サイズのhitoeを密着させることで、電極として心拍数や心電波形、睡眠データなどの生体情報が取得できます。NTTの研究所では、これまでもウェラブル電極の研究を進めていました。

洗濯などへの耐久性があり、衣服や帽子など人の体に密着した形で生体信号を取得できるため、より高感度な検出が可能としています。樹脂をコーティングしているものの、発汗によるショートは防ぐ仕組みとなっています。

http://japanese.engadget.com/2014/01/29/ntt-hitoe-2014-hitoe/

腕時計はしないことはあっても、下着なら多くの方が着ていると思います。普段着ている下着が様々なデータを収集し、健康管理のために役に立つようになったら嬉しいですね。しかも、ちゃんと洗濯までできるようになるというから驚きです。

記事の最後にも書いてありますが、介護分野、例えば遠くに住んでいる親の健康状態が心配だ、ということであれば、この繊維を利用した下着を毎日着用してもらってデータを子どもと医者で管理監視するなんて使い方もできそうですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人

管理人管理人

投稿者プロフィール

スポーツ&マーケティング&CSRページの管理人です。色々なスポーツに関するマーケティングやCSRの情報をお届けいたします。

クリックでスポーツを応援するスポクリ(http://spocli.com)もよろしくお願いいたします。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る