オリンピックの放映権料が4大会分で1100億円也

tv car

今はブラジルワールドカップまっただ中。今日の日本対ギリシャ戦は朝の7時からの放送と言うこともあり寝不足と言うことはないのかもしれませんが、会社の始業時間に間に合うように朝早く起きて、会社近くのパブリックビューイングで観戦した人もいるかもしれませんね。

ワールドカップの話題で持ちきりなわけですが、東京オリンピックを含めた2018年から2024年までのオリンピックの放映権料が合意に達したそうです。

五輪放送権料 4大会1100億円で合意 東京+平昌は計660億円

2020年の東京大会を含む18~24年の五輪4大会の日本向け放送権について、NHKと民放でつくるジャパンコンソーシアム(JC)は19日、計1100億円で一括取得することで国際オリンピック委員会(IOC)と合意したと発表した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140619-00000557-san-soci

2018年の平昌冬季オリンピックと2020年の東京オリンピックだけでも660億円という桁違いの放映権料。うーん、このお金がどこに行っているのか気になりますね。最終的にはIOCからJOCなどの各国のオリンピック委員会などに分配されているのでしょうか。

ちなみにブラジルワールドカップの放映権料は400億程度のようです。

http://economic.jp/?p=36080

それでも物凄い金額ですね。スポーツビジネスはかくもお金が飛び交う世界のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人

管理人管理人

投稿者プロフィール

スポーツ&マーケティング&CSRページの管理人です。色々なスポーツに関するマーケティングやCSRの情報をお届けいたします。

クリックでスポーツを応援するスポクリ(http://spocli.com)もよろしくお願いいたします。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る