オージーボールプロリーグの監督が急死

オージーボールのプロリーグAFLに所属するクラブ「アデレード・クローズ」の監督Phil Walsh氏が7月3日(金)に急死したと発表され、オーストラリアは騒然となりました。

現在取り調べが進んでいますが、どうやら息子と口論になり、刺殺されてしまったようです。

AFLはその週のクローズの試合を中止とし、そのラウンドを追悼のラウンドと位置づけて他のクラブの試合を実施しました。

試合の前には追悼のセレモニーが行われ、試合後にもプレイヤーや監督がひとつの輪を作り黙とうを行いました。

385596_gl

さらにAFLの名物でもあるバナーを突き破っての入場や、勝ったチームがクラブソングを歌うなどの伝統も、このラウンドは中止。

AFLファンや各クラブにとって非常につらい出来事で、動揺が広がっています。

日本のリーグでも7月のラウンドは追悼ラウンドとなることが決まり、7月12日(日)に行われた試合の前後にも黙とうを行いました。

11695016_1155790574448064_704319527433249807_n

この事件については協会のコラムでもご紹介していますので、ご覧ください。
http://www.jafl.org/topics_detail5/id=547

11695778_1155712604455861_7048008613594871867_n

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AFL Japan

AFL JapanAFL Japan

投稿者プロフィール

オーストラリアンフットボールの普及・発展のために活動している競技団体です。主にトップリーグの運営、オーストラリアンフットボールの体験会などを開催しており、3年に1度オーストラリアで行われる国際大会にも出場しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る