世界のカバディ~女子編~

こんにちは。カバディ日本代表です。

今回は、他国のカバディ事情についてご紹介したいと思います!

女子編ということでまずは女子からです!

最初に気になるのは、「どの国が強いのか!?」ということ。

世界女子カバディの勢力図はどうなっているのでしょうか?

近年の大会の結果を見てみましょう。

 

—————

■2012年 女子ワールドカップ

1位 インド 2位 イラン 3位 日本/タイ

■2013年 アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ

1位 インド 2位 イラン 3位 韓国/タイ

■2014年 アジア大会

1位 インド 2位 イラン 3位 バングラデシュ/タイ

—————

 

ご覧の通り、インド・イランの2国が不動の強さを誇っています…!

次に、各国の特徴をご紹介したいと思います。

 

・インド

インドはカバディ発祥の地であり、国内の競技人口は群を抜いています。

2012年に開催された女子カバディワールドカップの時には、日本選手団の写真がなんと新聞の一面記事に!!

国家スポーツとしての人気が窺えます。

425635_261699007243554_1476440185_n

選手層の厚さ、長年培ってきた経験、過酷な気候に耐える強靭な体(?)…、どれをとっても世界トップレベルです。

 

・イラン

イランはインドに続く、メダル常連国です。

高い身長と、長い手足を生かした、アグレッシブなプレーが持ち味です。

がむしゃらな攻撃スタイルは、観客を飽きさせません。

時には言い争いや乱闘になりかけることも…。

 

イランの女子チームは、プレー中もヒジャブ※を着用していることも、特徴の一つです。

( ※イスラム教文化圏でムスリムの女性が着用する、頭髪を覆い隠す布)

394279_290422711028397_632818131_n

 

・タイ

タイは安定した強さをもち、3位争いに必ず絡んでくる、日本にとって、目標であり、ライバルである国です。

 

現在のタイチームは、20歳台前後の若手が中心となっており、チームワーク・統制力がタイの強さと言えます。

劣勢でも監督の一声ですぐに立て直すことが出来る、柔軟性や修正力は日頃の練習の賜物です。

 

・韓国

アジア大会や平昌五輪など、近年スポーツで盛り上がりを見せる韓国ですが、カバディ界も非常に盛り上がっています。

昨年はインド人コーチを招き、チーム力の増強を図るなど、これからの伸びが驚異になりそうなチームです。

 

日本と韓国は、地理的な近さもあり、定期的に親善試合を行うなど、友好的な関係を築いています。

打倒インド・イランを共通目的に掲げ、切磋琢磨し合うライバル国です。

 

日本ではまだまだマイナーなカバディですが、世界にはたくさんのプレーヤーがいます!

世界の力を生で見てみたい!挑戦したい!という方、

カバディ日本代表を目指してみてはいかがですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カバディ日本代表

カバディ日本代表カバディ日本代表

投稿者プロフィール

アジアで大人気のスポーツ「カバディ」の日本代表です。日々の練習や大会などの情報を、皆さんにお知らせできればと思っております。道具も使わず場所も問わないので、気軽に始められます。気になる方はいつでもご一報ください。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る