え!? スケボーでパトロール??

こんにちは

ストリートリュージュレーサーの吉原一毅です。

今回はちょっとストリートリュージュの話から外れて、スケートボードについてお話したいと思います。

応援

アメリカでは、州ごとにスケボーを取り締まる法律が違うことを知っていましたか?

サーファーが海に入れない期間に陸で練習するために考案された、カリフォルニア州発祥のスケートボードは、今日では世界中で多くの人に親しまれています。

アメリカでは、スポーツとしてだけでなく、移動手段としてスケートボードを使う人が圧倒的に多いため、法律でスケートボードを取り締まる州が多いです。

では、どのような法律があるのか、いくつかの例を紹介していきます。

フロリダ州では、スケートボードを路上で乗るのにライセンスが必要です。つまり、無免許でのスケートボードは交通違反というわけですね。笑

オハイオ州では、夜間(外が暗くなってから)に乗ることが禁止されています。夜のストリートを眺めながらのスケートボードは憧れですが

バージニア州では、メインストリートでのスケートボードは禁止です。人通りの多い場所、交通量の多い場所は事故の危険性が高いですからね。

多くの街で、繁華街やメインストリートでのライドは禁止されています。

カリフォルニア州も、ロサンゼルスやサンフランシスコでは路上でのスケートボードが禁止されています。しかし、ベニスなどのビーチが有名な地域では、ビーチサイドにスケートボードやローラースケートのための道路が設けられている場合もあります!

ちなみに、アラスカ州ではスケートボードを取り締まる具体的な法律がありません。

一年の半分以上雪に閉ざせれていますから、危険ではないのかもしれませんね

なんとウィスコンシン州ではスケートボードに乗り町を巡回する警官もいるんです!びっくりです!

日本でもこれまでスケートボードが取り締まりの対象になった例があります。

残念ながら、日本ではスケートボードに対して「怖い」、「ガラが悪い」、「うるさい」のような見方をされることが多いです。

今では世界中に安全にスケートボードを楽しめるようにたくさんのスケートボードパークがあります。

乗って楽しい、見てかっこいいスケートボードですが、安心・安全に楽しむためにも法律はしっかり把握しておきたいですね。

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

私のWebページでは写真やニュース、イベント情報、ファンの方限定のメルマガを配信しています。
あなたがいることがサポートになります、ファン登録をよろしくお願いいたします!!
http://www.athleteyell.jp/yoshihara_kazuki/

Instagram:  https://instagram.com/samurai_street/

Facebook: http://www.facebook.com/SamuraiStreet.KazukiYoshihara

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
禅侍道-Samurai Street- レーサー吉原一毅

禅侍道-Samurai Street- レーサー吉原一毅禅侍道-Samurai Street- レーサー吉原一毅

投稿者プロフィール

日本人唯一のストリートリュージュレーサー、吉原一毅です。
2015年6月に開かれる世界大会の第二戦に日本人として初出場することが決定しました。
日本では知名度がとても低い競技なので、このブログを通して少しでも多くの情報を提供できればと考えています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る