FC今治の元日本代表監督岡田オーナーがサロンを開始したけど既に満席に

先日、四国サッカーリーグのFC今治に元日本代表監督の岡田武史氏が就任したニュースが流れました。そしてその後の記者会見でスポンサー企業も発表されましたが、とても地域リーグのスポンサーとは思えない企業やグループの数々です。

FC今治 豪華スポンサー 「EXILE」「三代目」事務所のロゴが背中に

サッカーチームのスポンサーは、通常、スポンサー料の額が多いユニホームの胸、背中、袖、パンツ部分に企業のロゴを掲出することが多いが、J1、J2、J3、JFLに次ぐ地域リーグ(アマチュア)というカテゴリーにもかかわらず、FC今治は背中に人気ダンス&ボーカルグループ「EXILE」「三代目J Soul Brothers」のマネジメント事務所「LDH」が入り、袖には「三菱商事」という超豪華コンボ。

スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/02/23/kiji/K20150223009861410.html

FC今治はてっきりJ3かJFLに所属していると思っていたのですが、さらに下の四国サッカーリーグと言う地域リーグに所属していたのですね・・・。J2のチームでもスポンサー探しに苦労しているのにこれだけのスポンサーが付くというのは驚きです。

さらに驚いたのは「三菱商事」ですね。日本でも有数の企業がこういっては申し訳ないですが、なぜ四国のさらに地域リーグのスポンサーになったのか。それはもちろん岡田氏の知名度やフロントの営業力などあるとは思いますが、社会貢献的な意味合いも強かったのではないでしょうか。

そしてスポンサーだけではなく「サロン」と言う形で運営費の一部を賄おうとしています。サロンと言うのは応接室や談話室と言った意味があるのですが、今回言うサロンはそれをインターネット上で行う会員組織のようなものです。そういったインターネット上のサロンを運営しているサービスの一つとして岡田さんのサロンが作成されました。

■ 岡田武史サロン「TEAM OKADA」について

サッカー日本代表元監督 岡田武史が主催する会員制コミュニケーションサロン「TEAM OKADA」。これは次世代への希望をつくるために、『いま何ができるか』をともに考え実現していく実践型コミュニティです。エネルギーに溢れたメンバーの参加をお待ちしています。詳細については追ってご案内させていただきます。

synapse
http://synapse.am/contents/monthly/okada

私も入会しようか迷っていたのですが、あっという間に定員に達してしまいました。月会費が1万円と少し高額なのですが、岡田さんと直接話せる機会もあるということで、そう考えると安いのかもしれません。

今のところこのサロンの定員は100人なので月100万円の収入、そのうち運営会社に手数料約20%ほどが支払われるので、約80万円ほどを受け取ることができそうです。そのうちイベントやメルマガなどのサロンの運営にまた少しお金がかかるでしょうから実際に受け取れる金額としては少ないくなってくるのかもしれませんが、定員が300人くらいに増えるとかなり安定した収入が見込めそうです。

もちろん今のところ岡田さんの知名度が生命線ではあると思いますが、こう言った形で地域活性化とスポーツ振興をするのは非常に有効だと思います。いままでのスポンサーと言えばユニフォームや看板でしたが、インターネット上の様々なサービスを利用して資金を集めるのは有効でしょう。

岡田さんはサッカーに縁のある方でしたが、オーナーとして有名な方を迎え入れるということはスポンサー、資金を集める一つの手段になると思います。有名人で社会貢献をしたい人は、スポーツチームのオーナーになってみるのもいいと思います。

クリックでスポーツを応援するスポクリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人

管理人管理人

投稿者プロフィール

スポーツ&マーケティング&CSRページの管理人です。色々なスポーツに関するマーケティングやCSRの情報をお届けいたします。

クリックでスポーツを応援するスポクリ(http://spocli.com)もよろしくお願いいたします。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る