東京パラリンピックでバドミントンが初めて正式競技種目に採用されるみたいです

てっきり東京パラリンピックの種目は決定済みだと思っていたのですが、そうではなかったんですね。しかも今回決まったバドミントン以外にも決まっていない競技があるとか。

東京パラリンピックにバドミントンが初採用

国際パラリンピック委員会(IPC)は7日、ベルリンで理事会を開き、2020年東京パラリンピックで実施する16競技を決め、バドミントンが初めて採用されることになった。最大23競技を行うことが可能だが、数を減らす可能性もあるという。残りの競技は来年1、2月の理事会で決める。

http://www.asahi.com/articles/ASGB771MXGB7UHBI01J.html

前文引用となってしまって申し訳ないのですが、朝日新聞の記事によると今回は16競技が決定し、最大23競技を行うことが可能なため、あと最大7競技が追加される可能性があるということみたいですね。アンプティサッカーとかももしかしたら入ってくるかもしれません。

とりあえず国際パラリンピック委員会で決まった16種目については下記サイトをご覧ください。

http://www.paralympic.org/news/ipc-governing-board-approves-first-16-sports-be-included-tokyo-2020-paralympic-games

一応、グーグルで翻訳すると陸上競技、アーチェリー、バドミントン、ボッチャ、馬術、ゴールボール、パワーリフティング、ボート競技、射撃、バレーボール、水泳、卓球、トライアスロン、車椅子バスケットボール、車いすラグビー、車椅子テニスの16競技がまず決まったみたいですね。

来年のUAEでの会合ではカヌー、自転車競技、5人制サッカー、7人制サッカー、柔道、テコンドー、セイリング、車いすフェンシングの8競技について協議をするようです。5人制サッカー、7人制サッカーについては具体的にどのような競技なのかはわかりません。申し訳ないです。(追記 どうやらブラインドサッカー(5人制)とCPサッカー(7人制)のようです)

ちなみに2016年のリオデジャネイロパラリンピックで採用となった競技もホームページには書いてあるのですが、22競技となっているところ、数えてみたら23競技ありました。うーん、どっちが本当なのかな。とりあえず翻訳した競技を載せておきます。

陸上競技、アーチェリー、ボッチャ、カヌー、サイクリング、乗馬、サッカー、5人制サッカー、7人制サッカー、ゴールボール、柔道、パワーリフティング、ボート競技、セーリング、射撃、バレーボール、水泳、卓球、トライアスロン、車椅子バスケットボール、車いすフェンシング、車いすラグビー、車椅子テニス

リオからは新しくカヌーとトライアスロンが新しく競技に加わったみたいです。

ちゃくちゃくと次のパラリンピックに向けての話題が出てきますね。まずは2年後のリオを楽しみにしておきましょう!

クリックでスポーツを応援するスポクリ408px-Badminton_competition

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人

管理人管理人

投稿者プロフィール

スポーツ&マーケティング&CSRページの管理人です。色々なスポーツに関するマーケティングやCSRの情報をお届けいたします。

クリックでスポーツを応援するスポクリ(http://spocli.com)もよろしくお願いいたします。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る